エクスペリエンス1.1

前回報告した、EVリーフ君。初めての時は、感動しまくりで、あばたもえくぼ。その後、何回か乗る機会が巡ってきたので、冷静に乗ってみた。すると色々見えてきたので、続報。

どれだけ走れるのか?

フル充電から、高速100km/h巡航で航続距離120kmくらいが限界。しかもエアコンオフで。真夏に快適なドライブをしようとすると航続距離は100kmを切る勢い。うわぉっ!
60km/hキープで走れば、150km以上行けそうだけど、そんなシチュエーションなんかないので、現実的な航続距離は100〜120km程度だと思う。そして、バッテリーが空の状態から、フル充電まで10時間!!くらいかかる。例えば東京から富山まで約400kmを高速で走るとすると、フル充電でスタートして、100km走った1時間後に電池がなくなり、10時間充電をして、また1時間走って・・・3回の充電と100km x 4回の走行で、計34時間!!!! うわぉっ! そして、実際には100km毎に充電設備があるわけではない。とても長距離は無理だ。

どうやって充電するか?

普通の100VコンセントはNG。特別なコネクタが必要だ。
だから、充電設備をするためには、日産のディーラーの場所を確認しておく必要がある。そして、ディーラーは営業時間内しか対応してくれないはずなので、満タンにしたかったら開店から閉店まで、ずっとそこに置いておかないとダメなのかっ?!あり得ない。そんな使い方をする人は絶対にいない。借りてるこちらとしては、バッテリーのことを常に心配しながら運転しなければならない。

その日、気温は25℃を超えて、我慢しきれずエアコンをONに。その瞬間、推定航続距離の表示が1割減った。うわぉっ!
しかも、その日は朝礼のために急いでおり、100km/hオーバーのペースで高速を走ったら、朝日第一工場に着いた時には、もうバッテリー残量が半分。このままでは、空港まで帰れない・・・

もう、充電が必要な事態になり、トランクをあけてみたら、充電ケーブルは付属してるものの、200V用で特殊なコネクタがついてる。ウチも工場なので、200Vは通っているのだが、そのコネクタには対応しない。
すると、どこからともなく登場したのが、たまたま工場に別件で来ていた電気屋さん。この方、実はFさんのお父さん。そのケーブルを見るなり、「あー、何とかなるよ。1時間ほど待っとって。」
ということで、待つこと1時間。本当に持ってきてくれて、工事までしてくれた。つないで見ると「Charge」のランプがON。うぉー、充電してる。
4時間ばかり充電すると、なんとバッテリーは80%くらいまで回復しているではないか。

Charging Leaf

充電ケーブルをリーフ君の鼻に突き刺す藤沢君

電池切れの恐怖から、ケチな節約運転を強いられ、フラストレーションの溜っていた僕は、そこから解放された勢いで、初めてフルスロットルをくれてやりました。スゴっ!めちゃくちゃパワフルなのに、超スムース。一気に100km/hまで加速していくけど、滑らかな事この上ない。こりゃ、どんなエンジンも敵いません。ナイショで出した120km/hくらいではロードノイズが結構あって、静かさは以外とない。でも、追い越しなどで加速するとき、普通はエンジンが唸っちゃうところ、シャーーーンっていくんだよね。説明のしようがない。これは楽しいと思ってしまった。これぞ「エクスペリエンス」。

ちなみに充電率80%で、多少やんちゃな運転をしながら、空港までの50kmを走ったところ、返却時のバッテリー残量は13%。やはり航続距離と充電の方法が、電気自動車実用化のポイントで、今のリーフ君では、大都市圏でチョイ乗りに使って、夜は充電というライフスタイルにしか合わない気がする。でも、誰かが始めなきゃいけなかったんだよね、これ。電池のことも充電のことも承知の上で、それでも日産がやってみたから、こういうことがわかって、次に進めるんだよね。これ、普通に考えたら、リスクだらけだから、これに”GO”を出したゴーンさんはやっぱりイカれてるけど、とってもイカしてる。これから本格的にやってくるEV時代に、パイオニア(開拓者)としての日産がどう活躍するのか、そしてこれを見たトヨタがどのようなEV戦略をとるのか、とても楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中