少年野球から学ぶ

少年野球僕は、4年ほど前から少年野球チームに育成者として関わっている。僕の2人の息子は野球が大好きで、長男は中学校の野球部に所属し、次男は近所の“戸越イーグルス”というクラブチームに所属していて、僕自身もそのチームの監督をしていた。今年6年生になった次男は、受験勉強を理由に休部しているが、一緒の時間を共有してきた子供達の卒業を見届けるべく、僕は未だにコーチとしてそのチームに残っている。

少年野球の監督といって、バカにしてはいけない。試合と練習の全てに参加し、育成方針を立て、練習メニューを作り、週末のスケジュール作成と配信、他の育成者や両親とのコミュニケーションという名の飲み会、少年野球連盟の会合など、週末はほぼ全滅。平日にも影響を与えるほど多忙を極める。もちろんボランティアである。日本全国に何万とある少年野球チームは、自分も含めたそういう大人達によって支えられていると、改めて知った。

僕は学童と呼ばれる5・6年生のチームを率いていたが、6年生はたったの2人、5年生は7人で、合計9人ギリギリという、最初から崖っぷちの状態。病気をする子もいれば、怪我をする子、塾などで来れない子もいるのだが、そういうときは4年生を借りてくる。とにかく5年生を主体にしたチーム編成をしければならず、1歳の体力差がまだまだ大きいこの頃の子供達にとって、これはギリギリの人数と相まって、結構なハンディで、そう簡単には勝たせてもらえなかった。むしろ負けることが多かった。

僕は、“勝つ野球”と“楽しい野球”の違いに最後まで悩んだ。試合に勝つと、子供達は歓喜し、自信をつけるので、勝たせてあげたい。しかし、勝つためには、それなりの練習をしなければならないし、厳しくしなければならない。

では、子供にとっての“楽しい野球”って何だろう?
勝つこと?ホームランを打つこと?友達と楽しい時間を過ごすこと?
子供とのミーティングでは、いつもこれを子供達に問いかけた。

僕らが、品川区や東京都で優勝を争うレベルの選手層を持っていれば“勝つこと”=“楽しい野球”として、厳しい練習を課していただろう。しかし、そうではない現実を前に、何を目標に彼らと“楽しい野球”をすべきなのか。結局僕が導きだした答えは“成長すること”だった。子供には少し難しい表現なので、“うまくなること”とか“前よりも良いプレーをすること”という言い方に変えた。だから、エラーをしても、三振しても、負けても、前より良ければ、それでよしとした。

シーズン中は、なかなか思うように物事が進まなかった。でもずっと最後の最後になって、チームは少しだけ成長したように感じた。シーズンの最初は、やる気を微塵も感じさせなかった、キャプテンの6年生が、4番キャッチャーとして地域のオールスター戦に出場し、見事ホームランを打って、大会MVPになった。涙が出るほど嬉しかった。もう一人の6年生もセカンドで好プレーを見せて優秀選手として表彰された。中心となってチームを支えた5年生も、ずっとうまくなった。一年間監督をして、できたことよりも、できなかったことの方がよっぽど多いけど、一番大事なことは、子供達が全員何らかの成長をしたということ。少しだけの子もいれば沢山の子もいる。でも、野球を通して成長することを、子供は学んだ。そして、自分は子供達以上に、そのことを学んだ。

会社も、まったく同じだと思っている。何かに取り組んでも、その結果が出るまでに、長い時間がかかる。子供のように素直じゃない分、もっと時間がかかるかもしれない。

“楽しい(ワクワクする)仕事”とは、“成長する仕事”だと思う。昨日と同じ毎日を過ごすことに成長はないし、ワクワクもない。前よりもハードルを上げると、壁にぶち当たり、問題が起きる。だから怖い。それでも、リスクを承知の上で、それに挑み、越えることで、成長が促され、仕事のレベルが上がる。そして、その先に「変な会社」があるんだよね。そんな社員ばかりがいる会社で働いたら、どんなに楽しいだろうとゾクゾクしてしまう。そして、近い将来、それが現実になる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中