リレーマラソン

毎年この時期に行われる「富山あいの風リレーマラソン」は、富山市の富岩運河冠水公園という、”富山にこんなおしゃれでキレイなところがあった?”と言ってしまうような(富山のみんなゴメンなさい)、美しい水辺の一周2km余りの特設コースをチームで20周走ってタイムを競うイベント。20人で1周ずつでも、ひとりで20周でも良い。全体で500チーム近くが参加するという、富山ではかなりメジャーなイベントらしく、今年で3年連続3回目の出場となる我等TSSは、参加者多数のため、去年から2チーム体制でレースに参加している。

駅伝のように襷を繋ぐリレーマラソン。気付かされるのは、チームで走っていると、ひとりで走るよりもパワーが湧いてくるということ。本当に。

一応、事前に少しだけトレーニングをした。普段は10km程度の距離を1kmあたり5分15秒くらいのペースで走っているが、2週間くらい前から、4km位の距離を少し速めのペースで走って、2kmに慣れる練習をした。そのときのタイムは、どんなにがんばっても4分58秒/kmで、5分を切るのが精一杯だった。だから今回の2.08kmのコースは10分切れれば上出来である。

自分は第6走者だった。中継地点は人が大勢で、何だか観られている気分(実際は誰も気にしちゃいないけど)になるし、襷を受けると、プチ箱根な感じで気分が昂ぶって、つい速く走りたくなってしまうから、いつも超オーバーペースでスタートする。数百メートル走ると、もう観られていないという気の緩みと、オーバーペースのツケで、すごくペースダウンする。しかし1km位のところに陣取っているTSSの皆の前では、カッコつけなきゃいけないので、またペースアップする。そして残りの1kmはほとんど地獄。、特に1.7kmくらいのところにある短い上り坂とヘアピンが効く。次のランナーの森村くんに繋ぐころは、もう喘息気味だ。

ここはみんなの前でがんばってるところ。

で、1周のタイムは9分15秒程度だった。1kmの平均ペースは4分20秒くらいか。信じられない。自分がまだそんなに速く走れるとは思ってもいなかった。ひとりで走るのとは全然違う次元のスピードだった。人のパワーとは本当に凄いものだ。次の出番もたぶん同じくらいのタイムで走れたと思うし、3周目はアンカーを務め、ゴールを切らせてもらった。みんなありがとう。

アンカーの醍醐味は、もちろんゴールだけれど、それだけではない。自分達より速いチームはもうとっくにゴールをしているので、アンカーの周は自分より遅いランナーばかりが走っていて、追い抜くことはあっても、まず抜かれない。負けず嫌いの僕にとって、こんな爽快なランニングはない。

感動のゴール!でもピンが合ってないぞ、カミツボ!

7人で走ったタイムは3時間5分44秒。フルマラソン総合部門378チーム中56位、職場部門では165チーム中23位。惜しくもサブ3に届かず。全員の平均で4分24秒/kmだ。あと8秒/km縮めればいい計算。でも、4分16秒って、スゲー速いよ。みんなも速かったんだなー。来年の目標は当然サブ3。そうすると、職場部門のトップ10も見えてくる。でも、結構マジトレが必要だ。自分としては1周8分台を目標にしないとね。

こうして休みの日に、社員のみんなとチームイベントに参加するのは、格別な気分だ。今年は、昨年に続いて最高のランニング日和。公園内の芝生に陣取った我々は、家族で来てくれる社員もいて、半分ピクニック気分。ホントはビール飲みたいけど走れなくなるから我慢。下らないバカ話でも、こういうときにみんなと話ができるのは、すごく嬉しいし、みんなの色々な面を見れて楽しい。

あービール飲みたい!

参加者は自分も入れて18人。20代7人、30代8人、40代3人という構成だ。イベントの性格上、若い人が参加する傾向が強いのは当たり前だが、7年前に自分が入社したときのことを考えると、信じられない若返りだ。ちなみに自分が入社した後に入ってきた”後輩”の参加者は18人中9人だ。これもまた信じられない。

終わった後は皆で焼肉。これも半ば恒例化している。走った後の水分補給を必要最小限にしておいて、一杯目のビールまで我慢する。これ格別。だけど、乾ききって吸収する身体は、アルコールの廻りが早く、すぐに酔っ払う。で、へべれけになりながら皆と話せるのも楽しい。同じゴールを目指して走った人が持つ、見えない共通点が、雰囲気をさらに高める。

一杯目のビール効きました。

こういう活動は、社内の色々なところで増えて欲しいと思う。この前、ぶどう狩りにも誘ってもらったが、そちらは残念ながら都合で欠席してしまった。約50人も参加したと後で聞いた。素晴らしいと思う。僕らの仕事は1台のマシンや1個のコネクタをみんなで作るチームワークで成り立っている。仕事場だけでは作れない、大事なつながりがこういう時にできる。会社としても個人としても、こういうイベントを積極的にサポートしていきたい。

最後に記念撮影

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中