あけましておめでとう&東京マラソンプロジェクト Vol.2 〜リベンジ その2

さて、前回のブログで、年内フルマラソン宣言をした僕は、仕事の片付けや大掃除などに邪魔されない朝を狙って、2011年もあと3日と迫る29日の朝6時に、前回と同じお台場に向かった。

結果から先に申し上げると、目標未達!
踵のすり減ったシューズは良くないとのアドバイスで、靴を新調して臨んだ今年最後のランニング。これまでより、タイトなフィット感で、何だか気持ちよく走れそうな予感。

前回の35kmランから中3日しか開いていないので、脚はそんなに軽くない。タイムは前回より少し遅い5’33″/km程度で25kmくらいまで推移。1周7kmのお台場ランニングコースの3周目、15kmくらいから、様子がおかしくなる。徐々に両足の小指が痛くなり始めたのだ。それでも我慢して走り続け、42.195kmを目指すが、5周目の30kmくらいから、我慢ができない程痛くなる。結局34kmでリタイヤ。その頃には、靴の中で両足の小指が悲鳴をあげていた。

原因は、タイトな靴で、これまでより幅が小さくなったことによって、足幅が圧迫されていたようだ。靴を脱ぐと、両足の小指に、指全体を覆うほどの水ぶくれができていた。一歩歩くたびに、指が靴にあたるのと同時に、地面からの圧迫を受けてかなり痛い。あまり靴で困ったことのない僕にとっては、予想外の展開。大事な年内最後の長距離トレーニングで目標達成できなかったばかりか、足を怪我してしまった。足も心も両方痛い。

しかし、それでも34km走れたのだから良しとしなければと思う。

前回終わったところから始められないのが、ランニングの絶妙なところだ。テレビゲームなどと違って、前回35km走ったので、今日はそこから始めて、残り7.195kmでフルマラソン走ったということで…とはいかない。当たり前のことだ。でも、走っていて苦しいと、何で最初から走んなきゃいけないの?と思う。

毎回0kmから始めて、約2時間かけて20kmに到達し、3時間で30km。その3時間の体験がないと、その先の苦しみは味わえない。かなりのドMだ。

毎回その体験を通過して、初めて新しい領域に入ることが許される。その手前しか経験しないと、苦しさも達成感も喜びもわからない。その世界を自分で体験しているのは自分。先に進めば進むほど苦しくなる。いつ止めても、誰にもとがめられない。言い訳の必要もない。でも自分は知っている。目標を決めてスタートしたこと。それを達成したこと、しなかったこと。

ランニングと同様に、1日毎の積み重ねがないと12月31日にならない。楽しさも、苦しさも、幸せも、つらさも、すべてを経験して12月31日を迎え、1年が終わる。世界的に、日本的に、そして個人的にも、色々な出来事のあった一年だった。それらのあらゆる経験に、無駄な事は一切なく、必要だから起き、すべてが自分の糧になる。良い年だったか、悪い年だったか。すべては自分が決めること。

そして2012年が明けた。
今日、1月1日から、新たな毎日が始まる。一つひとつの新しい経験の連続。 新たな領域に踏み出すのか、妥協をしていないか、手を抜いていないか、決めた目標に到達するかどうか。

素晴らしい年にできるかどうか。全ては自分が知っている。

初日の出ではないけれど、キレイだから。

広告

あけましておめでとう&東京マラソンプロジェクト Vol.2 〜リベンジ その2」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中