日本人メジャーリーガー成功の鍵って?

さて、マラソンネタはひと休み。でも、スポーツの話題。
ダルビッシュのメジャー移籍が話題になっているが、果たして彼は通用するか否か。僕は絶対に通用すると思っている。しかもかなり高いレベルで。これまでの選手達をみると、あちらでは、並外れたフィジカルと、それ以上のメンタルが求められると思っている。会見を見ていても彼のメンタリティは、レベルが違うので、活躍できない理由が見当たらない。

気になるのは、近頃のメジャーにおける日本選手の評価が、ダルビッシュを除いては、概ね低いことである。その背景には、過去に渡米した選手の成績が関係していることは言うまでもないが、なぜそうなってしまっているのか。WBCで世界一の実力を持ちながら、多くの選手がメジャーで通用しないのはなぜなのか。

その大きな理由のひとつは、彼らの能力を活かす上で、大変重要となる普段の生活における精神的な安定だと思っている。

良いプレーをするためには、心技体が高度にバランスしなければならず、その最初に来る「心」の支えが、実際のプレー以外の、練習時間であり、ベンチであり、監督・コーチ・同僚との人間関係であり、家庭であり、普段の生活だからだ。それまで日本のトップ選手としてやってきたのだから、本来「技」に問題はないはずだが、ここで鍵になるのはアメリカという国の文化と言葉の壁である。そして、日本でトップ選手であることが、逆にハンディキャップとなる可能性がある。

自分の留学経験から言えるのは、アメリカでの人間関係作りは決して簡単ではないということ。映画やテレビなどで見るように、彼らは気さくだから、きっかけはいくらでもあるし、楽しげに声をかけてくれる相手はたくさんいる。しかし、本当の友達とか親友となると、全然違う。

アメリカで気付いたのは、日本は良く言うと思いやりの文化だということ。悪く言えば探り合っている。まず相手が何を考えているか、何を言おうとしているか、何を欲しがっているかを考え、周囲を気遣うことが美しい。しかしアメリカの場合は、自分から何を求めているか表現しないと相手は理解しない。例えば、寮のふたり部屋で過ごしていた頃、ルームメイトがロックをガンガンかけている。僕は宿題をしなければならないので、本を机の上に開く。六畳程度の狭い部屋なので、相手が何をしているかは、一目瞭然。日本であれば「うるさくない?」とか「消そうか?」という一言を期待する。そこで「いいよ大丈夫」とか「悪いね」っていう流れになる。しかしアメリカの3年間で、のべ10人のルームメートを持ったが、そういう奴はひとりもいなかった。かといって彼らが悪い奴だったかというと、全くそんなことはない。彼らは「うるさかったら言えばいいじゃん」と思っている。何も言わない=気にならない。もしくは、音楽聞きながら勉強するのが好きなんだと考える。最初はそれがわからず「なんでこいつ気付かねーんだよ?」となる。でも、そういうときにストレートに言うことは、純日本人?なのでできず、はたまた気を遣った英語の言い回しなんて知る由もなく、結局何も言うことができず、とてもイライラする。自分にも相手にもすごく腹が立って、ストレスになった。

言葉不足による表現の壁は深刻だ。一般的に日本では外国人が日本語をしゃべることを期待していない。そして日本人は相手の言葉、特に英語がしゃべれないことを申し訳ないことだと考えており、実際に謝る。だから、学校のクラスや職場に外国人(特に欧米系の白人)が入ると、親切に応対をする。しかし、アメリカ人は誰でも英語がしゃべれて当たり前だと思っている。だから、英語をしゃべらない人を相手にしない。決して正しくしゃべれる必要はなく、文法や発音が全くでたらめでも、しゃべる人は通用する。この点で、日本人は正しくしゃべろうとする傾向が強く、本当は”しゃべれる”のに”しゃべらない”人になってしまうことが多い。(かくいう自分も最初はそうだった。)

言葉が不自由だから助けてあげようとか、日本人だからという理由で向こう側からやってくることはないし(女性の場合は別)、先輩と後輩とか、経験者と未経験者という考え方や、日本でどんなことをしてきたかなんて、彼らには一切興味がない。僕達日本人は、アメリカ人が気にかけてくれると期待をする。観光客ならそれはあるかもしれないが、プロとして生活する者に、そんなことは一切起きない。ましてやチームメイトはライバルでもある。こんな扱いを受けると、これまでの人生を否定された気分になり、とことん孤独を感じる。日本でトップ選手としてちやほやされ、高いプライドを持っていてば、その落差はさらに大きいと思う。

自分からコミュニケートし、何が出来るのかを見せ、それを認めさせる環境を自分でセットアップしないといけない。彼らが本当に受け入れてくれるのは、腹を割って話ができ、心から一緒に笑い、泣き、お互いを尊敬できると感じなければならないというと実は日本と変わりはない。僕のような一介の留学生と、日本のプロ野球で大活躍をした選手が全て同じだとは言わないが、基本は一緒だと思う。元メジャーリーガーの長谷川滋利氏がメジャーで最も大切なのは「適応力」だと言っていたが、正にその通りだと思う。

これらの環境の中でプレーをし、実際に成績を残すことがプロとして求められていることであり、その成績が超一流であれば、僕が書いたことはあまり関係なくなると思う。しかし、最初に書いた通り「心技体」の「心」が支えなければ、絶対に結果は出ない。そして結果が出るから「心」の支えも強くなる。

日本での数々の栄冠をすべて捨て、色々な意味でゼロからスタートをする。どれだけアメリカの文化に自分を「適応」させ、自分の能力を発揮できる環境を作れるか。これこそが鍵ではないか。

一昨年、NYヤンキースからLAエンジェルスに移籍した松井秀喜が、エンジェルスの選手として初めてNYのヤンキーススタジアムに戻ってきたときのシーンを見れば、彼がどれだけメジャーに「適応」したかがわかる。普段は「イチロー>松井」の僕だが、この時ばかりは心から感動した。これがなければ、ヤンキースでの彼の成功はなかったと思う。ダルビッシュの活躍を心から期待する。

これはひとりの人間として素晴らしいと思うし、日本人として誇らしいし、何だかんだ言ってもヤンキースが良いチームで強いことがわかるなー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中