2回目の東京マラソン

さて本番がやってきた。

まずスタートは、9:10AM。で、荷物を預けるのは8:30AMまでとか、スタート位置につくのは8:45AMとか、結構細かく決まっている。4万人もいるので大変。トイレもかなり並ぶ。しかも朝なので”大”の方も多く、”小”のために”大”待ちで30分も並び、スタート位置につくのがギリギリになった。荷物番をしていてもらった会社のOさんにも迷惑をかける。ゴメンなさい。

スタート位置は申告タイムや持ちタイムで、先頭のAからKまでエリア分けされており、前回の4時間31分を高く評価された僕は、前回のEブロックからGブロックまで2つ降格。ふざけるな!

後ろで嫌なことは、混んでしまうことと、公式タイムが悪くなること。自分自身の記録としては、スタートラインを切ったところからの非公式Netタイムで良いのだが、今後の大会などの参考になる正式な記録として残るのは公式Grossタイムで、オフィシャルタイマーがスタートしてからの時間である。後ろになれば、当然スタートまでにくる時間がかかってしまう。

すごい人でしょ。先に小さく見える信号を左折して、その先にまだ2万人くらいいます。

スタートでは緊張していなかった。早くスタートしたかった。寒い中、30分近く待たされるので、またトイレに行きたくなり、スタートのフェンスを乗り越えて、トイレへ走る。そこでiPhoneを落としてガラスを割る。悪運を先に落とした、とポジティブ解釈。

スタートまではヒマ。都庁をバックに一枚。これは携帯を落とす前。

9:10AM、大きな号砲が辺りに響く。しかし、僕のまわりはちっとも動かない。1-2分してやっと動き出す。スタートまで800mくらいはあっただろうか、走り出す気配は一向になく、歩いたままスタートラインまでたどり着く。石原都知事に見送られ、9分半かかってスタート。

スタートをすると、さすがに走り始めた。しかし遅い。すごい人混みと、スタートまで暖をとるためのカッパやビニール袋が捨ててあるのが邪魔で、なかなか前へ進めない。左右に進路を変えて前を目指す。体力を消耗するのはわかっているけど、そうしないとペースが上がらないのだから仕方がない。

調子悪し。ペースは5’25″/kmから上がらない。予定は5’15″/kmだったから1kmで10秒。42kmで7分。これは痛い。でも無理に上げられない。

泉岳寺で家族や社員に見送られ、少し気持ちよく走れるようになる。ハーフの距離になる日比谷でも疲れはない。反対車線には、浅草から折り返してきたトップランナー達が、すごい速さで反対車線を駆け抜けて行く。

去年は、屈辱の雷門だった。28km地点のここで脚が動かなくなって、サブ4が無理だと悟った。30kmで止まってストレッチ。そこからは1kmおきに止まってはストレッチ。情けなかった。今年の雷門も30kmも去年とは違うけど、やはりここからキツくなり始めた。それまで気にならなかったキロ毎に出てくるkm表示ボードが待ち遠しくなる。

30kmでタイムは5’40″/km付近まで落ち、脚も重くなる。「あれ?練習の時よりキツいな」というのが実感。今年の一つの課題だった、30kmからを楽に走り、一番人手の多い銀座を気持ち良く走る、とはいかず。34kmの銀座四丁目左ターンでは、顔が歪み始めていた。そのあたりにいた会社のGさんのカメラにはどんな顔で写ったのだろう。

34kmは、こんな顔でした。やっぱり歪んでる。

36kmで今大会最大最長の佃大橋の坂を越え、37.195kmの「あと5km」表示で、3時間27分。脚は棒で、頭もボーっとし始める(オヤジギャグ炸裂!)。今すぐ止めたかった。もう6’00″/kmペースは維持できていないのはわかっていたし、ここから2次曲線的にペースが落ちる。残りをキロ6分半のペースで行かなければサブ4はない。絶対に止められなかった。

40.195km「あと2km」で3時間46分。止まらなければ行けると確信する。でも、そこからの2kmは長い。極めつけは41kmのなだらかな橋での上り。もうやめてー!って感じ。でも、去年とは違う。上り坂も何とか脚が前に進む。沿道から「辛いのはみんな一緒だ!もう41km走ったんだよ!あと1kmが何だ!」って言われる。スゴい励まされた。

最後の右ターンを曲がってフィニッシュのゲートをくぐる。3時間58分32秒、公式タイム4時間7分53秒。ギリギリでサブ4達成。

これまでもそうだけど、設定した目標を達成したときって、実は感激とか感動がない。何てつまらん奴だと思う。どうも、やって当たり前だと思っている節がある。これは長いプロセスの一過程だから、感慨にひたってる場合じゃないと、また次の何かを探してしまう。

この次?トライアスロンをやりたいと思っていたけど、家族から猛反対されてるし、もともと走るの嫌いと言っているから、サブ3.5なんて辛くてイヤだ。何もしていないと苦しくて死んでしまう性分なので、何かをすると思うし、嫌いだけど走るのは止めないと思う。
さぁて、何をしようか

応援してくれた皆さんありがとう。ずっと励まし続けてくれ、命の水を与えてくれたボランティアの皆さんありがとう。沿道の声援にもありがとう。そしてサポートしてくれた家族に感謝。本当にありがとう。

リベンジ完了。

ゴール後に有森さんと。去年も撮らしてもらいましたが、今年は去年の雪辱ができたと報告。喜んでくれました。本当に素晴らしい人です。何だかつきあってるみたいでしょ、この写真。

広告

2回目の東京マラソン」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中