社員の成長

先日、社員による改善活動「改善マン・ウーマン」の報告会があった。
自分の周りで改善できるテーマを探して、それを具体的にどのように改善し、結果としてどうなるかを報告するわけだ。

毎月行われるこの報告会は今回で4回目。
最初の2回については、過去に本格的な改善の取り組みをしたことがない社員達が一生懸命やっているということを評価し、その内容やプレゼンの進め方などについては、こうしたらいいのにと思っていても、あまり口を出さなかった。前回の3回目を所用で欠席したため、2ヶ月ぶりの参加となるが、もう一生懸命だけでは評価できない。さて、どんな成長を遂げたのか?

発表をするのは2チームで、両方ともコネクタを生産する事業部の、自動車向けの製品と家電製品向けの製品を作るそれぞれの部署から集まった精鋭による2チームである。

内容については、社内のことなので、ここで詳しく述べないが、2ヶ月ぶりに聞いた報告からは、それぞれのチームが回を追うごとに成長していることが伝わり、とても嬉しく思った。最初からまとまったプレゼンをしていた自動車チームは、コストを本質的に削減する大きなテーマに取り組むことを宣言した。

自動車チームの発表。発表の内容も資料のクオリティも上がっている。素晴らしい。

一方の家電チームは、内容、プレゼンとも、2回目から長足の進歩を遂げ、少なくとも私が入社してからの7年半、一度も変わらなかった工場のフロアレイアウトを変更して、工程の改善に着手した。この変わりようには正直驚いた。

棚のレイアウト変更を説明しているYさん。このチームもとっても成長していると思う。早く成果として現れてほしい。

ふたつのチームとも、自分達の問題を取り上げ、どう良くしていくかを考え、そして、ここが一番大事なのだが、行動をするという行為に変換をし始めている。まだ具体的な成果として、売上や利益に大きな影響を及ぼしていないが、これからその結果が出始めることを期待している。

ひとつ残念なのは、この彼らの成果発表をもっと多くの社員と共有できたらと思うことである。特にマシンを製造する事業部からの参加がなく、彼らには未だに具体的な改善報告会というシステムもない。だからこそ、他の事業部の発表を聞き、彼らの成長を目の当たりにし、自分達の糧にしてもらいたいと思うのだ。

会社は、社員にとってお金を稼ぐ場所であろうが、同時に成長する場所でなければならない。激しい国際競争に晒されている我々日本の製造業は、成長なくして明日はない。もう昨日と同じでは価値のない仕事なのだ。だから、社員全員が仕事を通して自分の成長を実感し、その結果、対価としての給料を正当にもらうという、当たり前の構造に早くしなければならない。今回の「改善マン・ウーマン」でそれを強く感じた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中