ダルビッシュの初登板で僕に見えたもの

さて、もう既に古い話になってしまった感もあるが、アメリカ時間の4月9日に、待望のメジャーリーグデビューを果たしたダルビッシュ。勝ち星がついたものの、我々が期待していたものとは、全く違う結果だった。彼が日本で見せていた、球威とコントロールで、バッターに打つ意志を失わせてしまうようなピッチング。さらに、あのマウンドでの圧倒的な存在感は、テキサスのスタジアムにはなかった。

あんなに狼狽したダルビッシュは初めて見た。はっきり言って、極悪のスタートだ。まぁ、多少荒れるのは覚悟していたから、もしかすると1点か2点はとられてしまうかも?とは思っていたが、あの点のとられ方は、想像していた最悪のレベルを超えていた。制球が定まらず、四球を連発し、カウントを取りに行くと打たれる。4点で収まったのがラッキーなくらいだった。

しかし、僕には彼の乱調と同じくらい驚いたことがあった。それは、彼に対する期待と監督の器の大きさである。明らかに、ベンチはあのゲームの勝敗よりも、ダルビッシュが経験することを優先していた。あの投球内容で、4点が入っていて、まだ1死満塁の状況である。替えない方がおかしい。ゲームを捨てたのも同然だ。でも、結果的にチームは勝ち、ダルビッシュが勝ち投手となり、全てが上手く行った。

監督の立場で考えてみるとわかるのだが、わずかな勝ちの望みにしがみつくより、あの窮地をダルビッシュに脱させることが、チームにとって大事だと考えたのだ。それは即ち、ダルビッシュが、まだ大リーグの試合を一戦も投げたことのないにもかかわらず、どれだけチームにとって大事なピッチャーとして扱われているかを物語っている。

上司と部下の関係で考えてみよう。鳴り物入りで入ってきた期待の新人が、いきなり仕事でヘマをした。そのとき、手を差し伸べず、代わりの人間も立てず、会社にもお客にも損失があることを承知で、その修羅場をあえて経験させる上司。凄い。それを乗り越える新人は凄いが、そこまでリスクを負える上司はもっと凄い。とても勉強になる。

もうすぐ2試合目の登板となるダルビッシュ。ただでさえ勝手に成功するであろう彼が、そんな監督のもとでプレーをするのだ。期待は高まるばかりである。

20120414-205322.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中