反省すべき事、考えるべき事

我々は、お客様が希望する仕様に合わせて、設備を作る。1台1台違うマシン。年々短くなる納期設定、中国価格が基準となって下落する価格、その一方で品質や性能はこれまで以上を求められる。

我々のマシンによって作られるコネクタという(自社工場でも生産している)製品は、最終的に家電製品や自動車、コンピュータなどに載せられて、消費者に届けられる。モノの流れでは、僕らの仕事は上流に位置するが、お金の流れは、それを遡るので、下流だ。消費者に手渡される商品の値段が、製造原価を決め、それに含まれる部品の値段を決め、その部品の値段から、設備投資となるマシンの値段も、コネクタの組立費用も決る。デフレと円高真っ只中の今、限りなく抑えられた売価の中で、上流から順番に利益を確保され、設備に充てられる費用は、自ずと決まってしまう。さらに、中国をはじめとする新興国でもマシンビジネスが活発化しており、持ち前のコピー能力を発揮して、我々の市場を奪うだけならまだしも、市場価格を下げていく。

今、中国に納入された我々のマシンが、問題を起こしている。新しいマシンをお客様の工場に設置する作業は、通常、ふたりで1週間、長くて2週間で引き上げて来れる作業だ。しかし今回は、4月の初めに5人が現地入りし、追加派遣や人員交代などを経ても、未だに設置完了に至っていない。51年以上続く株式会社TSSの歴史において、特に悪い意味で記録的プロジェクトになっている。

まず、我々の企業努力が足りていない。今回の設備にはいくつも改善できる点がある。TSSとして、とても多くの学びがあり、これから先に活かさなければならない教訓がそこかしこに見て取れた。他の仕事にも共通する。品質、価格、納期、すべてにおいて我々にはできることがまだまだある。だから今後も、短納期、低予算、高品質を求められる仕事を続けるということは、会社全体が、ひとつもふたつもレベルアッップしなければ、市場で生き残るのは不可能である。

日本という国にとって、製造業は最も大切な産業のひとつで、我々のようなものづくり企業は、地域、国、そして世界のために、もっともっと貢献しなければならない。そして、ものづくりに携わる人材は、日本にとって貴重な資源で、育成を怠っては行けないと思うし、その人材達にとって、製造業が魅力的な職種でなければならない。ものづくり企業の経営者である僕は、とても大きな責務を担っている。

前述の通り、経営者としての僕は、まだ、できる限りのことをしていない。今の経済環境に合った、経営ができていないことは、僕の責任である。

我々が今後、このものづくりの環境下で、魅力的な企業として継続し、製品のコストパフォーマンスを維持することは、簡単ではない。デフレに円高が拍車をかけて、下がり続ける市場価格に伴い、製造原価も同様に下げなければならないが、給料は最低でも現状を維持しなければならない。もちろん、コスト削減の努力は続けなければならないが、お金の流れの最下流に位置する設備産業が、これからの日本において、有能な人材にとって魅力的でやりがいのある仕事であり続け、その技術力を維持、発展させるためには、我々のような一企業でできる範囲を超えた問題となっている。

もっと良いものをもっと安く。家電量販店、ファストファッション、ファストフードが我々の生活に浸透する。そして、消費者として当たり前の心理と行動が、巡り巡って結果的に自分たちの仕事に大きな影響を与えている。

ものづくり企業として力が至らないことへの反省と、日本のものづくり産業の現実を知った上で、これからの未来を考えていかなければならない。今回のプロジェクトは、様々な意味で、51年目のTSSにとって大きなターニングポイントとなる。

第一工場B棟と夕陽

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中