プロスキーヤー皆川賢太郎

僕が最初に会ったのは、彼が24歳の頃だっただろうか。

当時は、アルペンスキーワールドカップの第1シードで、世界の強豪を相手に何度も入賞を経験し、長野の五輪にも出場。選手として最高潮の時で、押しも押されぬ日本スキー界のスーパースターだった。

以前、スキーに関係する会社に勤めているときに、一言二言会話をした記憶がある。こちらもスキーヤーの端くれだから、彼はほぼ神様で、緊張していたこともあるのだが、彼自身もトップアスリートが持っているであろう”俺様”オーラ全開だった(と、こちらが感じてしまっていた)ので、会話が長く続く訳もなかった。

皆川賢太郎35歳。すごくイイ男です。

再会の理由は、私が所属する若手経営者の会が、半年に一度、研修会を開いており、そこに私のスキー関連の友人を通して、彼にゲストスピーカーとして講演してもらうというお願いしたからだ。

事前の打ち合わせで会ってみると、彼から”俺様”は微塵も感じなかった。そのときから10年以上が経ち、大怪我とそこからの復活、そして五輪4位から、再度転落して復活という、まさに七転び八起きを地で行く経験が、彼の人生を大きく変えたのだろう。

目が印象的だった。話していると、なぜか、最初に会った時、目を見てもらえなかった記憶が蘇った。しかし今の彼は、雪面を捉えて離さない彼のスキーのエッジの如く、相手の目を見据える。捉えられたこちらは、彼の話に引き込まれて行く。

怪我により、選手としてピークを迎えた20代後半の大事な時間を失っただけではなく、当時のスポンサー全8社から契約を解除され、所属先も失い、まさに絶望の淵に追いやられ、そこから這い上がって得たトリノ五輪の4位。その壮絶な一連のプロセスは、人間として何にも代え難い体験だったと思う。

もし自分が、同じ境遇に置かれ、たとえ「お前は見事に復活してオリンピックで4位になる」と、結果を予め教えられていたとしても、果たしてそこまで努力を続けられただろうか。彼は未知の自分を心から信じることができ、絶対に諦めなかった。ここが常人とは圧倒的に違うところであり、結果を残すことができた所以だと断言できる。

素晴らしい人生を生きるため、そして素晴らしい経営者になるための沢山のヒントが、研修会での彼の話にちりばめられていた。そして何よりも、それを生き抜いてきた人間のみが持つであろう素晴らしいオーラが出ていた。

日本のものづくりがヤバくなっている今、我々TSSも窮地に立たされている。とても厳しい経営環境の中で、途方に暮れることもある。しかし、彼が通過してきたそれと比較すれば、取るに足ることではないと思えてきたし、信じれば絶対にできると教えられた。

研修会の当日は35歳の誕生日。もう選手としては、肉体的ピークを過ぎているだろう。しかし、トリノの映像を見ながら「今の方がよっぽど上手いよ」と自らが言う技術と、豊富な経験に支えられた精神をバックに、ソチ五輪での勝利を真剣に目指している。今回の研修会に参加した経営者達と何ができるのか、相談をしているところだ。厳しい中でも、何かのサポートをしていきたい。

プロスキーヤー皆川賢太郎は、諦めないで続けることの意味を誰よりも理解している。「勝つまでやれば負けない」のだ。

皆川賢太郎オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kentaro1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中