新たな門出

先日、社員の結婚式に出席させてもらった。

6月にも結婚式があったので、今年になって2回目だ。大事な社員達の結婚式は、とても嬉しいことだ。これまでは、男性社員の結婚式しか出たことがないので、男目線の感想にはなるが、家庭を持つこと、ベースを築くこと、家族が増えることは、人間を大きくするし、丸くするから、仕事にもそれが表れる。もちろん、独身者には、独身者の良さがあるので、優劣の問題ではないが、とにかく、おめでたいことである。

結婚式に出ると、いつも洗われる気持ちになる。神父さんに、結婚の意味を改めて説かれ、伴侶がどれだけ大切なのかを思い出させてくれる。もう18年目に突入する僕の結婚生活は、けんかも稀にあるが、概ね順調で、仲良く暮らせているのだから、幸せだと思っている。結婚して良かったか?と訊かれたら「はい」と即答できる…と、ウチの話はどうでもいい。

最近の結婚式で必ずあるのが、スピーチ。

男性社員の結婚で、勤務する会社の社長となると、大体一番最初にしゃべることになる。朝礼や、業績報告など、社員の前で話すことが多いし、経営者の集まりなどもあるので、確かに人前でしゃべることは、多少慣れているほうだろう。それが理由で、しゃべり得意な方だと思われるらしいが、そんなことはちっともない。しかも、朝礼とは訳が違う。結婚をする夫婦にとっても、ご両親にとっても、普通は一生に一度のことなのだ。相手にとってのレアぶりが違うし、しゃべる相手が違う。スペシャルなのだ。だから、つい真面目なことを言おうとしてしまったり、ぎこちなくなってしまう。

で、しゃべり終えると、いつも反省。
あー、あれ言おうと思ってたのに、忘れてたとか、あんな表現して良かったんだろうかとか…

でも、一番大事なのは、自分としてベストを尽くしたか。せっかく指名してくれたのだから、その気持ちに何とか応えたい。でも、力まず、自然に、自分が本当に思うことを伝えるしかない。虚構はバレるし、伝わらない。何よりも全力の相手に失礼だ。結局最後は、そこに落ち着く。

そうは言っても、なかなか上手くはいかないんだよ。
今も発展途上中。だからな、これから結婚する社員のみんな、僕にスピーチを頼むときは、心して。

最後に、これまでご結婚された社員のみなさん、おめでとうございます。

おめでとう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中