リレーマラソン2012「目指せサブ3」その2

周回の3分の2あたりにあるTSSベースキャンプ前では、F澤監督が、毎周の通過タイムをチェックしている。Aチームは、9分ペースなので、前の周から9分以内に通過すれば、3時間を切れる計算だ。そして、これまでの6人は、地道にコツコツとタイムを縮め、1分近くの貯金を築いてきた。3時間切りが、いよいよ現実味を帯びてきた。

「イケちゃうんじゃない?」

第7走のW田部は、就職の面接で「僕の趣味はランニングです。」とアピールした。そして、入社式でも同じことを言い放った。その時、W田部のAチーム入りは決定した。ランナー人口密度は、おそらく富山県下でもトップレベルにあるであろうTSSに、殴り込みをかけた新人。周囲の期待はいやでも高まった。

本当に死んじゃうんじゃないのか?という表情でW田部が走り抜けたのは、前の走者、T島が通過してから、10分12秒後だった。それまで、先輩6人が渾身の走りで積み上げた宝物の1分は、W田部によって見事に喰い尽くされた。10分前の「イケちゃんうじゃない?」のは何だったんだろうか。今年のTSS残念大賞のトップにランクインしかねない怪走だった。

生死をさまようW田部。通過に気づかないF澤監督に、O部が「ヤバいっすよ、あいつ」

そして最終8走の”オールジャパン”N坂は、これまでの安定した走りが評価され、Aチーム入りを果たしたが、今年はさらにトレーニングを積んだのだろう。W田部で崩れかけたペースを9分台に戻してくれた。目線からアクションまで、自分自身では快心のポーズが決まっていると思っていたのだろうが、その意味が最後まで何だかわからなかったのが、悔やまれるところだ。

一体何を訴えたかったのだろうか?

8人全員が1周を走り終え、タイムは9分ペースより少しだけ速かった。しかし疲れが出る2巡目には、ズルズルと遅れ、16人が走ったところで、予定のペースを30秒ほどオーバーしていた。もちろん、2巡目も先輩の貯金をW田部がすべて食べ尽くす構図に変わりはなかった。

あと4周。

我々は作戦変更を余儀なくさせられた。その名もK坪2周作戦。社長の特権で、過去3年に引き続き、僕のアンカーは決まっているので、それまでの3周を実績あるK坪-T谷-K坪と繋ぐ。もう、なりふり構っていられない。確実にタイムをゲインして、3時間に近づける方法はそれしかなかった。

果たして2人はその3周でトータル30秒近く縮めて、僕に最後の襷を繋いでくれたのだった。

正確なタイムを知らなかったので、自分がどれくらいで走れば良いのか知らなかった。でも、何となく無理だろうと思っていたので、ちょっとあきらめテンションで走り始めた。既に全力で2周、4km以上走っていたので、それでもキツかった。そして、どうせダメなんだから、もっとゆっくり走っちゃおうかな?と思ったそのとき、コース途中にある世界一美しいスターバックスの時計が12時56分を指していた。10時1分スタートだから、時計が正確なら、3時間まであと5分弱。そしてゴールまで1kmとちょっと。

「えっ…頑張ったら行けちゃうの?」

これは最悪のシナリオだ! どうせなら、もう絶対無理!っていう時間か、すごく余裕のある時間か、どっちかにして欲しかった。こんなんじゃ、最後まで頑張らなきゃいけないじゃないか。ともすれば、W田部ではなく、僕のせいで3時間切れなかったことになってしまう。

走った。とにかく走った。

ヤバい!あと1分を切ってる。

口から肺が出るんじゃないかと思った。 ヘアピンは、出来るだけ大回りして、スピードを落とさないようにした。 みんなの前を通ったとき、もっとテンション高いのかと思いきや、あまり興奮してないし、盛り上がってない。もう無理だから諦めてるのか? それとも、ただ無関心なだけなのか?最後のコーナーを曲がって、上り坂のテッペンにあるゴールを目指す。ゴール横にある時計が、チラッと目に入った。

13:00:51

一瞬、ダメだったかっ!と思ったけど、1分遅れでスタートしていたことをすぐに思い出す。結果は2時間59分51秒。目標達成!ゴールにいたK坪が、「やりましたね!」と言ってくれた。少なくとも、気にしてくれている奴が一人いた。

職場部門221チーム中27位、総合508チーム中62位。(去年はそれぞれ165チーム中23位と378チーム中56位。) 昨年の職場部門10位は2:56:21だったが、今年は2:47:26。 チーム数が増え、レベルも上がった。 来年は15分縮めないと、ベスト10は狙えないだろう。ということは、1周あたり平均45秒縮める計算か… みんな、来年は全員8分前半狙いだぞ!まずは自分だけど。

他のチームの結果は、Bチームのほうが4時間を切ったが、ハーフのCチームは2時間を少し超えてしまった。その元凶、CチームのK玉は、TSS全参加者中で最遅ラップという不本意な記録を残したにもかかわらず、最後の抽選会でダイヤのネックレスを当てた。10万円相当らしい。そんなもの貰っても、入社時比較で30kgは増えたであろうその体重を元に戻さないと、あげる相手もいないので、ダイヤの持ち腐れだ。後輩N山を見習って欲しい。

いよいよ無差別級に突入のK玉。痩せないとプレゼントできない10万のネックレスと。

リレーマラソンは、みんなと一緒に参加できる。そして走っていない時間には、みんなと話ができる。同じゴールに向かって走る。最後にみんなで焼き肉を食べられる。会社では見ない表情、できない会話、違う達成感。

こういうみんなと仕事ができることが、誇りだし、幸せだと思う。ありがとう。

そして、最後にW田部、ありがとう。
君のおかげで、最高のスリルを味わえたよ。

毎年恒例の焼肉打ち上げ。走って削った脂肪を補充する。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中