変われるか

自民党が大勝した、2012年の衆議院議員選挙。
200兆円の公共投資や、金融緩和によるデフレと円高の対策など、色々な公約が掲げられた。実際に、この選挙結果を受けて、外国為替が円安傾向に振れている。しかし、日本の政治が本当に変わることに対して、あまり期待していない。もちろん変わって欲しいと願ってはいるが。

日本を含む先進国のほとんどが、成熟しきった飽和状態にあり、成長を前提とした政策は現実味がない。特に工業先進国である日本において、我々製造業は、これまでの日本の成長を支えてきたが、今は世界的飽和と淘汰の渦の中心にいる。日本が変わってくれるのなんて待っていたら、その渦に巻き込まれて、一瞬のうちに消えてなくなってしまう。

だから、唯一できることは、自分たちが変わること。

正直、こんなに速く、世界が動くと思っていなかった。今までの作り方、働き方をしていると、すぐに飲み込まれてしまう。この変化に対応できないと、仕事なんて明日にも無くなる。別の産業だって、遅かれ早かれ、同じことが待ち受けているが、製造業は、一番最先端に立たされている。この危機感と恐怖感を社員と共有しなければならない。

では、どうしたら良いのか。

まず、会社とその社員はできるだけフレキシブルにならなければならない。具体的に言うと、場所と人である。

場所については、現在、日本には富山と東京、中国には上海と青島の工場がある。しかし、これからは、そのときの市場や、能力、物価、為替、政治、など様々な点を総合的に考慮して、地球の上で、最も価値を高められる場所で、ものづくりを行われるべきである。現在の交通と通信の発展は、地理的なハンディとリスクを小さくしており、これかもそれは縮まっていく。一方で、日本人には素晴らしい能力があり、ドイツと並んで世界一製造業に向いている人種だと信じている。だから日本人には、世界の製造業で担わなければならない責任がある。

地球を舞台にして、これまで培った技術、経験を展開できれば、TSSの社員としてはもちろん、世界の製造業で求められる人材になれる。生産工場運営とその品質管理のためのノウハウや、マシン製造工程に求められる、精密機械製造のアイディア、技術、経験を持つ人間は、日本に留まることなく、世界に進出し、その国々の人材を活用して、日本のものづくりを体現しなければならない。それは、技術を持つものの責任とも言える。

次に、人である。世界一高い水準の人件費が支払われている日本人。我々は、世界的に見ても高度なものを作っていると思うが、総ての工程に高度な技術が要求されているわけではない。というよりも、むしろ高度な技術が要求される工程は限られている。手順が明確で、教育がされているなら、技術がなくてもできる工程も多く存在している。

これまでの給与を維持するためには、少なくとも、日本で作ることの意味がある高度な技術を最低ひとつは有していなければならないだろう。そして、それ以上に成長するためには、それ以外の複数の工程をこなすことと、外国人を含めた他人を教育できる能力が必要だ。我々の業務は、忙閑の差が激しい。ひとつの工程が忙しくて、他は暇ということがある。それぞれの工程の専門家を常に準備をするということは、高水準の固定費を維持することになり、高賃金の日本において致命的になり始めている。

先に述べた、人材の国際化と合わせて、多能工化は、日本の技術を世界に広めるひとつの鍵となるであろう。その点で、最近になって始まった、他部署からの設計業務支援は、会社としてはもちろん、世界のものづくりのための大きな一歩である。これから、社内のいたるところで、こういう動きが見えてくるはずだ。

成長期をとうに終え、人間で言えば、大の大人になった日本が、自民党政権になり、国家として、国内をどう治め、世界の中で、どのような役割を果たすのか。日本人として、とても気になるが、世界は日本の変化など待たない。だから、我々は変わる。世界のスピードに対抗し、渦の中心にいても、飲み込まれぬよう。

地球は色々な意味で急速に変化している。置いていかれるな、日本。

地球は色々な意味で急速に変化している。置いていかれるな、日本。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中