東京マラソン Vol.4

何だろうか、この妙な満足感。
今年も2年連続で、目標のサブ4(4時間切り)は果たせず、毎度のことながら、走り終えた達成感も特にない。何を隠そう、2年前に4時間を切った時でさえ、大した達成感はなかった。何のために走っているのか、明確な説明は、未だできない。でも、今回は、なぜかいつもと違う満足感があるのだ。

2年前の投稿に、走る理由を書いたものがあるが、「朝の張りつめた空気が好きだから」という、わけのわからない結論で、我ながら、全く納得できる内容ではない。

よく言われる「ドM」だから、というのは、ある程度的を得ている気もする。実際、僕は、自分の身体に対して、結構厳しく当たっているのだろう。だが、マゾヒストの定義とは、「肉体的精神的苦痛に”快感”を得るもの」とあり、その点で、42.195kmを走って、快感を得ることなく、ただ単に苦痛だったことを考えると、正しい理由ではないのだろう。

じゃあ、走ることで、何かメリットを得ているからなのだろうか?
ランニングで得る実利といえば、食べ物と飲み物に、ストレスフリーでいられること。普段のほぼ毎日が、暴飲暴食な僕にとって「走ってるんだから…」は、かなり強力なエクスキューズだ。その証拠に、人間ドックの結果は、ほぼオールAだし、ウエストも20代後半から、ほとんど変わっていない。でも、本当にそれが目的なら、週に2-3回、数キロ走れば十分で、フルマラソンまでする必要はない。

で、最近は、ランニングが、僕にとっての「修行」ではないかと思い始めている。
楽しさ、達成感、爽快感、ランニングハイというものとは、あまり縁がない。あるとすると、自分に対する対峙、己の克服、そして、どこまで行けるのかという自己探求。書くとかっこいいが、要するに、訓練みたいなもので、それは正に「修行」ではないか?

実は、毎朝走る時、「雨降ってないかな?」「風が強く吹いてないかな?」「体調悪くないかな?」と、走らなくて良い理由を見つけている自分を知っている。サボりたいのである。だから、それらを乗り越えて、走り終えた時には、自分に打ち勝ったと思う。それは、達成感とは少し違う、自分自身との勝負に勝つ満足感であり、存在の確認みたいなものだ。自己承認のために、”走る”というハードルを設けて、それを越えられる自分を確認して、安堵するのだろう。

どうやら僕の中では、その「修行」のチェックポイントとして、東京マラソンがあるらしい。そして、サブ4という目標は、その「修行」の成果を確認し、発表する機会なのだろう。もし東京マラソンに出ていなければ、10月から1月にかけて、毎月100km以上走らないだろうし、サブ4という目標がなければ、サボる自分を許してしまっているだろう。

東京マラソンの最初と2回目は、iPhoneのAppが教えてくれる、km毎のペースとタイムを聞くためにイヤホンをして走り、その2回目で、サブ4の目標を達成した。そして、体調が万全でなかった3回目の昨年は、イヤホンなしで走った。別にそこまでストイックになる必要もなかったというのが、その理由だった。でも、イヤホンを外すことで、ボランティアと、沿道の方々の応援を余すことなくもらうことができ、東京マラソンの本当の素晴らしさを知った。人の励ましが、自分の力になることを教えてもらった。

だから今年の僕が、こんな格好で出場するのは、ほぼ必然だった。

スタート前。実はほとんど何も見えていません。

スタート前。実はほとんど何も見えていません。

「東京マラソンで声援をもっと受ける」→「他より目立つ」→「一目でそれとわかって、呼び易い」→「でも、サブ4は達成したので、走りは邪魔しない格好」という出走条件にした場合、選択肢はスパイダーマン以外になかった。もうそれは、10ヶ月前くらいから決まっていた。

自宅で、コスチュームを着て、普段着でその上から覆い隠して会場まで向かう。一番恥ずかしいのは、その上着を脱ぐ「変身」の瞬間。コスプレなどしたことない自分にとっては、未知のゾーンである。しかし、さすがにコスチュームランナーの多い東京マラソン、周囲に大して注目もされず、少し拍子抜け。それでも、スタートまでに、何人かにカメラを向けられ、中には「一緒にお願いします」と写真を撮られることもあった。すでに気分は、スーパーヒーロー。しかし、スタート前から、マスクの中は曇っており、ほぼ何も見えない。隣の人の顔すら識別できない。このままで走るのは、危険だし、給水を受けることも出来ないので、スタートからしばらくは我慢してマスクを着けて、その先で、”ピーター・パーカー”に戻ることにしていた。

予定通りスタートから2kmでマスクをとって走ったが、道中は、ほぼずっと「スパイダーマーン!」と声をかけられた。25kmくらいまでは、蜘蛛の巣ポーズなどで対応していたが、段々疲れてきて、微笑み返しになり、35kmから先は、無反応になった。とにかくつらくて、それどころではなく、聞こえているのに反応できないというのが正しい。

しかし、ここからが、スパイダーマンスーツの真骨頂。声援を受けることは、反応ができなくても、嬉しいし、前に進む力になる。さらに、スパイダーマンであるが故に、止まることはもちろん、歩くこともできない。そんなカッコ悪いスーパーヒーローはいないのである。だから、僕は走り続けた。

35kmを越えるとアップダウンが増える。ここは最初の難関、佃大橋。

35kmを越えるとアップダウンが増える。ここは最初の難関、佃大橋。

35kmが過ぎて、スタートの時点で普段より10以上高かった心拍数がついに180に達し、4時間のペースメーカーが、視界から遠ざかっていった時には、絶望した。でも、走り続けた。友人のお医者様から聞いた「35kmから先は確かに辛いけど、がんと闘う患者さんの苦しみに比べたら、全然対したことない」という言葉と相まって、もう止まるわけにいかなくなっていた。

ネット4時間04分59秒、グロス4時間05分45秒。

ゴールでマスクを再度装着するつもりだったけど、もうそんな気力も残ってなかった...

ゴールでマスクを再度装着するつもりだったけど、もうそんな気力も残ってなかった…

目標達成できなかったのに、満足感。その理由は、目標達成できないとわかった時、折れずに続けらる自分を発見したこと。練習通りにサブ4を達成するより、全然満足できた。声援に助けられ、コスチュームに助けられ、ボランティアに助けられた、今年の東京マラソン。何だか、少しずつ楽しみ方がわかってきたみたいだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中